栄養補助食品

血液の状態を改善するナットウキナーゼ|栄養素で不調に合ったケアを

貧血防止には鉄が必須

女性

血液が酸素を運べなくなる

貧血を起こす人に対して、よく「鉄分が足りていない。食事やサプリメントで補給した方がいい」と言われることがあります。貧血のすべての原因が鉄分不足にあるわけではないのですが、確かに鉄欠乏性貧血と呼ばれるタイプの貧血に悩まされている人が非常に多いのは事実です。貧血とは血液の酸素運搬能力が低下して身体が酸欠状態になることをいいます。血液中において酸素を運搬しているのは赤血球ですが、この赤血球を構成しているタンパク質であるヘモグロビンの主要成分が鉄なのです。したがって鉄分が不足すると赤血球が酸素を上手に運べなくなってしまうのです。栄養バランスの偏った食生活を続けていると、どうしても鉄分が不足しがちになります。献立を工夫するとともに、サプリメントを併用すれば鉄欠乏性貧血の症状改善が期待できます。

摂り過ぎにも注意

鉄分を多く含む食品としては、カツオ・イワシ・牡蠣などの魚介類、小松菜やホウレン草などの野菜類、動物のレバー、鶏卵などがあります。これらをバランスよく組み合わせることで、鉄分不足を改善することができます。どうしても足りない時はサプリメントなどで補うようにします。ただ、1つ注意すべきことがあります。それは、鉄分補給に熱中し過ぎるあまり過剰摂取にならないよう気をつけることです。鉄は体内に過剰に蓄積されると活性酸素の発生原因となり、細胞を傷つけてしまいます。1日当たりの鉄分摂取量は成人男性で7.5mg・女性で10.5mgが標準で、上限は20mgまでとされています。たいていのサプリメントには鉄分含有量が明記されているので、量をコントロールする際の目安にすることができます。

Copyright© 2015 血液の状態を改善するナットウキナーゼ|栄養素で不調に合ったケアをAll Rights Reserved.